Event is FINISHED

東京芸術中学2020配信チケット ゲスト: 矢後直規

Description

*「東京芸術中学」の単発授業配信の視聴申し込みページです。「東京芸術中学」のクラス詳細やその他のゲスト講師情報につきましては、GAKUウェブサイト「東京芸術中学」クラスページをご覧ください。



東京芸術中学は、

1)菅付雅信によるクリエイションを巡る講義
2)ゲスト講師陣による講義中心の授業
3)受講生の課題に対するゲスト講師による講評

の3つの構成を繰り返していくことで、単発のレクチャーやワークショップとは異なる、長期でのクリエイションの学びの場を提供したいと考えています。一方で、このような創造的な学びの機会を、地域や環境の格差なく提供していきたいとも考えています。ただ、受講生への課題の提示、議論や講評は、実際のスペースを共有することで真摯に熱量を持って向かいたい、というところが率直なところです。そこで、これら3つの構成のうち、“ 2)ゲスト講師陣の講義 ” に関しては、オンラインでの配信をすることと致しました。

全ての講師陣の配信が叶うわけではありませんが、可能な講座ごとにご案内をしていきますので、東京芸術中学のインスタグラム等から最新のスケジュール等をご確認いただけますと幸いです。オンライン配信に関しては、Zoomの配信サービスを活用し、出来るだけご質問等にも答えていく機会も作れればと考えています。なお原則として、配信に関しても中学生を対象としていますが、東京芸中に関心をお寄せいただいている保護者の方々もぜひご利用をいただければと思います。みなさんのご参加を楽しみしています。



ゲスト講師


矢後直規(SIX アートディレクター)
1986年静岡県生まれ。2013年博報堂勤務を経て、SIXに所属。武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科卒業。ラフォーレ原宿の広告やインビテーション、FINAL HOME on airのポスター、TARO HORIUCHIのシーズンビジュアル、CharaのCDジャケット、長瀞とガレのショップのブランディングなど。東京ADC賞、D&AD金賞、One Show銅賞、NYADC銅賞ほか受賞多数。2012年に「PAPER LEAF」、2016年に「MATERIA」を発表。



ディレクター:菅付雅信
編集者/株式会社グーテンベルクオーケストラ代表取締役
1964年生。法政大学経済学部中退。角川書店『月刊カドカワ』、ロッキングオン『カット』、UPU『エスクァイア日本版』を経て独立。『コンポジット』『インビテーション』『エココロ』の編集長を務め、出版物の編集から、内外のクライアントのプランニングやコンサルティングを手掛ける。著書に『はじめての編集』『中身化する社会』『物欲なき世界』、最新刊にAIを巡るノンフィクション『動物と機械から離れて』がある。またアートブック出版社ユナイテッドヴァガボンズの代表も務める。『コマーシャル・フォト』で連載中。下北沢B&Bで「編集スパルタ塾」を主宰。NYADC銀賞受賞。


お申し込み方法(先着順)


1)視聴予約・お支払い
Peatixよりお申し込み、お支払い手続きを行なってください。

2)授業配信 視聴
開始時間になりましたら、Peatix視聴ページに記載されておりますURLよりご視聴ください。



注意事項


・複数人での視聴や配信URLの譲渡、拡散は禁止です。必ず1人につき1チケットご購入ください。
・配信の録画、録音はご遠慮ください。



授業内容に関するお問い合わせ


東京芸術中学事務局
info@gutenbergorchestra.com


Sat Sep 19, 2020
4:00 PM - 6:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
配信視聴チケット SOLD OUT ¥1,500
Organizer
東京芸術中学
29 Followers

[PR] Recommended information